ヤフオクで独立した子育てパパの日記!

サラリーマン時代に始めたヤフーオークションでの副業。そのおかけで今は家族とのかけがえなのない時間と自由を手に入れることができました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

古物商になるために!

さて、今日は古物商についての話をしたいと思いますが、
いわゆるリサイクルショップなど、古物を扱う営業をするには、
許可が必要なんです。

で、そもそも古物って何?ってところから私は始めないとダメでした。

古物は大きく分類すると、13に分かれます。

1.美術品

2.衣類

3.時計・宝飾品

4.自動車

5.自動二輪車・原動機付き自転車

6.自転車

7.写真機

8.事務機器

9.機械工具類

10.道具類

11.皮革・ゴム製品

12.書籍

13.金券


で、誰かから、これらの物を買い取って、
それを販売するためには、都道府県公安委員会による許可が必要なんですよね。
これは、古物営業法という法律で定められており、許可を受けた人は、

古物商

となるのです。

古物商に関する詳しい事は、次回以降に書きたいと思います。
[ 2011/07/13 15:40 ] 古物商 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。